腹部エコー|すぎたクリニック 茨木市 総持寺の内科・消化器内科|超音波 腫瘍 ポリープ

すぎたクリニック
お問い合わせ・ご相談 Tel 072-620-1115

腹部エコー

腹部エコーとは

超音波を用いて、みぞおちからわき腹付近を中心に腹部の臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など)や血管の異常の有無を調べる検査を腹部エコー(腹部超音波検査)と言います。検査時はX線を使用しないので、放射線被爆の心配はありません。
同検査により、臓器の様子や位置・動きなどをリアルタイムに観察し、腫瘍、ポリープ、結石、炎症などの異常が発見できるようになります。また腫瘍は、その大きさだけでなく、深達度(どのくらい深いところまで達しているか)などもわかります。

検査をする際の注意点

検査を受けるにあたっていくつかの注意点があります。まず絶食した状態でご来院ください。食事をした状態で検査を行うと消化管内に空気が発生しやすくなり、この空気が腹部内に多く存在すると画像が不鮮明になる可能性が高いからです。その場合は再検査となることが多いので、必ず空腹な状態で検査を受けるようにしてください。腹部エコー検査は、予約制となっております。
なお検査時は、検査台の上で仰向けに寝ます。そして腹部にゼリーを塗り、探触子(プローブ)を腹部に押し当て、お腹の中の臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など)の画像をモニタで観察します。検査する部位によっては、横向きや座位になることがあります。